HOME>>事務所案内>>パートナー>>M&A 日本M&Aセンター

パートナー

M&A 日本M&Aセンター

名称:株式会社日本M&Aセンター
設立:平成3年4月25日
資本金:195百万円
代表者:代表取締役 分林 靖博

事業内容:M&A仲介、企業再編支援、企業再生支援、MBO支援、企業評価の実施、経営計画の策定

所在地(東京本社):東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館12階

日本M&Aセンターの特徴

完全独立系M&Aコンサルタント

全国の公認会計士・税理士事務所が共同出資し創設した完全独立系のM&A仲介会社です。銀行・証券系等の系列会社が多い中、真に中立的で双方にメリットのある仲介を行っています。また、会計士・税理士という性格上、秘密保持に関しましては最大の注意を払っています。

日本最大級のM&A仲介ネットワーク

日本M&Aセンターグループは、本部「株式会社日本M&Aセンター」を東京と大阪に置き、全国に100を超える地域M&A仲介会社を設立してネットワークしています。地域を代表する会計事務所のM&A担当者がプロフェッショナルに対応します。全国ネットワークなのでご要望に応えられるマッチングの可能性が高くなります。

全国の金融機関との提携

全国の地域にある地方銀行・信用金庫など地元密着型の金融機関と業務協定契約を締結し、幅広い相手探しが可能です。また、M&A実行の為の融資や与信の相談、M&A後の税金対策や経営問題にも幅広く対応できる体制を築いています。

総合的な後継者対策

ベンチャーキャピタル大手「日本アジア投資」と投資銀行大手「あおぞら銀行」との共同出資で「日本プライベートエクイティ株式会社」を設立し、数十億のファンドを組成。後継者不在企業を継ぐ為のファンド「MBOファンド」を運用し、総合的な後継者対策が可能です。

高い専門的なノウハウ

オーナー企業や上場会社の子会社等、中堅中小企業を専門としています。社内に公認会計士、米国公認会計士等を抱え、グループ内では100名を超える公認会計士・税理士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士名等の専門スタッフが常勤しています。また成約件数も多く、そのノウハウの高さを評価され、商工会議所や金融機関からの依頼でトレーニーを受け入れています。